about STAY KYOTOとは

STAY KYOTOとは

高い収益性を実現

ミドルクラスの宿泊料を実現します!チープで単価の安いゲストハウスの金額ではなく、また高額な海外のホテルブランドのような一泊10万円以上するような高価格帯ではなく、未だにプレーヤーの少ないミドルクラスの価格帯ではなく、未だにプレーヤーの少ないミドルクラスの価格帯の宿泊施設をつくります。人数単位ではなく、一部屋いくらという貸し方をすることで、少人数のお客様が増えたとしても一定の売上はいくように致します。またお客様にとってもそれは大人数で泊まると、一人あたり単価が下がり、お買い得な宿泊施設として映ります。そんな高品質で、コストパフォーマンスのよい宿泊施設を私たちと実現しましょう。

コンテンツ2

プロのインテリアデザインを採用

我々の得意とするのは、高いインテリアなどを使わずにして、デザイン性の高い宿泊施設を実現することです。
また、様々なコンセプトがしっかり設定されているので、顧客満足度を満たせる。
さらに、混合ベットなどではない「超プライベート空間を提供できるカルチャルホテル」それが私の提供するバリューです。「簡易的でワンパターンなインテリアのありきたりなデザイン」では、ストーリー性やコンセプトが見えず「宿泊するだけの部屋」になり、独占市場は確立できず、今や顧客の取り合い状態です。一度私たちのつくった宿泊施設をご覧になって頂ければ実感して頂けると思います。内覧もお気軽にお問い合わせくださいませ。

コンテンツ3

京都の伝統コンテンツを入れて
メディアフックに

行政とともに京都の文化事業を行っているバックグラウンドを活かした京都の伝統のコンテンツを宿泊施設にうまく反映させることができるのが私たちの強みです。提灯の職人さんの協力を得ながらオリジナルの提灯をつくったり。金を貼る引箔士の方に、アイデンティティとなるロゴマークを金で入り口のサインとしてデザインして頂くなどができるのは私たちだけの強みです。京都・そして地域に根づく職人さんと協力しあってつくる宿泊施設は色々な人の共感を生みやすく、またメディアも取り上げやすくなります。有名な建築の雑誌や、観光の雑誌に宿泊施設を掲載することでそこからの集客を期待できたり、メディア掲載はその宿泊施設のバリューとして無形の財産として残ります。